線のデザイン


デザインを組む際によく活用するのが「線」です。
内容が変わったり、振り分けたりする際に使ってます。

例えばA4の真っ白の内容にタイトル以外に日にちや時間、場所などを入れます。
伝えたい優先順位によて大きさを変えて行くのですが、
線を引くことによって内容のグループ分けをします。
そうすることで、目の動きに合わせたレイアウトができます。

また、線と言ってもデザインのタッチに合わせて
手書き風のテイストにするのも良いでしょう。
少し変えるだけで印象が大きく変わります。


[更新日時] 2018年9月4日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (410)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。