挨拶文には句読点をつけない


挨拶文や年賀状をを作成する際、句読点や段落落としは基本的に使用しません。
相手に敬意を示すべき文書では、失礼にあたる為、この風習が今も続いています。

日本語は原来、句読点は文章の中で存在しませんでした。
教育が進んでいく中、子供達が読みやすいように使い始められそうです。

挨拶文の他にも賞状も句読点がついてません。

また、喜びの出来事は長く続いた方が良い為、
区切りをつけないという意味でも使わない風習があるようです。

文中節目が必要な時は、スペースや改行を使うと良いでしょう。


[更新日時] 2018年5月20日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (410)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。