逆光の写真補正について


写真を撮ったけど逆光になってしまい、
被写体が暗く、そのものがよく伝わらないことあると思います。

写真を広告用に使用する場合、
太陽の当たり方を計算しながら撮影しなくてはいけません。

しかし、どうしても使いたい写真がある場合…

逆光になっている部分を選択し、明るくしてあげます。

写真にもよりますが、手を加えることで
クリアに見えるようになります。
しかし、違和感がない程度で。

ただ、場合によってはあえて逆光にし、
魅力をアップさせる場合もあります。


[更新日時] 2018年6月21日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (411)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。