外観や建物の撮影


外撮影をする際、天気がいい日だと青空だし、いい背景で撮れる!
と思われる方多いかと思います。

実は曇りの日の方が外観撮影は向いているんです。
なぜかと言うと、日差しが強すぎると影ができてしまい、
明暗差がかなりでてしまいます。

また、季節感が出過ぎたすることもあります。

なので曇りの日に撮影することで
明暗差が出にくくなります。
そして青空を合成します。

外観の情報を影で消してしまうと、
伝えたいことも伝わらない可能性があります。

天気やタイミングを見ながら撮影しましょう。


[更新日時] 2018年6月27日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (413)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。