暖かい色の部屋と冷たい色の部屋


暖かさと冷たさなどの温度感を始め、
興奮させる色と鎮静させる色、
柔らかさを感じる色と硬さを感じる色、
膨張して見える色と伸縮して見える色
など、色が人に与える印象は多岐に渡ります。

赤や橙どの高彩度の暖色は、
時間の経過を早く感じさせます。
回転率を高めるため、レストランなどの店内で
用いられることも多いようです。

一方寒色系は、気持ちを落ち着かせて
集中力を高める効果があります。
なので、会社の事務所や勉強部屋、
書斎などによく見られます。


[更新日時] 2018年10月10日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (411)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。