えんぴつブラシでデザイン素材を作る


幼少期から使っているえんぴつ。
芯の減り具合によって質感が変わり、
シャープペンシルでは出せない味わいがあります。

えんぴつを使ってどんな絵が描けるか
簡単にサンプルでご説明します。


文字を書く時と同様の書き方です。
アウトラインをしっかり出すことができ、
濃いタッチです。


少し斜めにして、重ねて描いてみる。
アイブロウのように、濃さを調整しながら形を整える時に使えます。


えんぴつを覆いかぶさるように持ち、
直角で描いてみる。
この状態は描くより塗るに近いかもしれません。
広い範囲を塗り込む際に使ってみてください。

ちなみに、メイクの練習って
画用紙上で出来るんですよ。
顔をえんぴつで描いて、その後メイク用品を
メイクのブラシを使って色を調整していきます。
その時、このえんぴつの持ち方や角度が
活かされてきます。

ブラシの角度によって風合いが変わるので、
デザインでも取り入れやすいです。


[更新日時] 2019年1月15日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (410)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。