アドビシステムズ社へ行ってきました


デザイン物を作る上で必ず必要になるソフトと言えば、IllustratorやPhotoshopです。

これらのソフトは全て「Adobe」が出しているソフトです。

今回の東京研修の中で、アドビシステムズ様にお邪魔させて頂くことが出来ました。

私が十代の頃から使っているAdobeのソフトですが、それらにはバージョンがあります。

一定期間ごとに新機能が搭載されたり、ソフトの改善などでパワーアップしていく毎にバージョンが上がって行きます。

Illustratorの歴史

例えば、Illustratorの場合

(以前のものは省略)
Illustrator 8.0
Illustrator 9.0
Illustrator 10
Illustrator CS
Illustrator CS2
Illustrator CS3
Illustrator CS4
Illustrator CS5
Illustrator CS5.1
Illustrator CS6
Illustrator CC
Illustrator CC 2014
Illustrator CC 2015
Illustrator CC 2015.3
Illustrator CC 2017
Illustrator CC 2018
Illustrator CC 2019

私はCS3から使い始めました。この時からアートボードが複数使えるようになり、

一つのファイルで裏表のチラシを作れるようになり作業効率が上がりました。

なんだか平成を振り返ってる感じですね。

どうやったらソフト使えるの?

当時はパッケージ版だけで、ディスクを買ってパソコンにダウンロードするのが主流でした。

今はホームページからオンラインで月契約か年間契約でソフトを使うことができます。

こちらのクリエイティブクラウドは全てのソフトが使えるもので、

私はこっちを契約中ですが、使いこなせてないソフトもあるので

今回ソフトの使い方を聞いてきたので、お仕事に活かして行きます。

どうやってソフトの使い方を勉強するの?

「Creative Cloud 道場」という動画チャンネルを開設されており、

プロの第一線で活躍されてる方々をゲストでお招きしながら楽しく解説してくれます。

感想

今回お邪魔させて頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私の職業が成り立っているのも、このようにデザインソフトがあるおかげだからです。

先輩デザイナーさんと話す時も、ソフトについて盛り上がります。

そして、これらのソフトは世界共通で、海外のデザイナーと通じ合えた時の感動は忘れられません。

私は一つのコミュニケーションツールでもあると感じています。


[更新日時] 2019年4月21日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (414)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved. This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy andTerms of Service apply.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。