広告の博物館へ行ってきました


アドミュージアム東京

日本で唯一の広告の博物館です。

ここでは過去のCMやポスターなど、時代と共に移り変わる広告の展示、

CMアーカイブ、広告制作のラフなどを閲覧することが出来、

広告を通して新たな発見と出会える場所です。

電通本社ビルに隣接するカレッタ汐留内にあります。

広告と暮らしは隣り合わせ

当たり前のように目にする広告。もちろん歴史があります。

明治時代に新聞・雑誌というニューメディアが誕生しました。

その後アイデア勝負の広告合戦が繰り広げられたりと、

大正時代に西洋から写真・印刷技術が導入され、

デザイン性に力を入れた広告が増え始めます。

昭和時代は戦争の影響により広告は減り、国威発揚の広告が増えていきます。

戦後、復興から高度経済成長へ。日本初のTVCMが始まりました。

そして現在はインターネット環境と寄り添った広告展開が主流となっています。

TCC賞展

常備展示の他、エキシビションも行われています。

私が訪れた日の「TCC賞展」が開催中でした。

TCCとは東京コピーライターズクラブのことで、

東京を中心に日本全国で活躍するコピーライターやCMプランナーの団体です。

年に一度優秀作品を選出しています。

コピーと広告

コピーはビジュアルと連動し、想いを訴える広告です。

ここで実際にCMを見ながらコピーの意味を考えることが出来ました。

白いボードは全て言葉です。小さなモニターでCMを見ることが出来ます。

感想

難しい言葉が必ずしも影響力が強い訳ではなく、

ターゲットに寄り添ったコピーがここにはありました。

このエキシビジョンは終了しましたが、是非アドミュージアム東京に行って見てください。

アドミュージアム東京
引用:アドミュージアム東京

[更新日時] 2019年9月5日 ★ category : Blog ★ author : chimedesign (381)



個人情報保護方針 Copyright(C) 2017- チャイムデザイン All rights reserved.


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。